ニコラース・ポイクの駿府旅行記 ポイク旅行記の内容

ポイクの旅行記は、以下に全文の翻訳を紹介するように前半が一六〇九年七月二十七日の使節の平戸出発に始まり、平戸から駿府までの海陸の旅、駿府での家康との謁見、通商許可の経緯、及び九月十三日の平戸帰着までの旅から成る旅行記で、これにより駿府到着は八月十三日(わが七月十四日)、オランニェ公の国書捧呈はその翌日、返書及び朱印状の受領は同月二十日(…
コメント:0

続きを読むread more

ニコラース・ポイクの駿府旅行記 従来の知見

ローデ・レーウ号の舵手の日記と金地院崇伝の『異国日記』によって、ローデ・レーウ号の上級商務院アブラハム・ファン・デン・ブルック(Abraham van den Broek)とフリフィウン号の上級商務員ニコラース・ポイク(Nicolaes Puijck)が七月二十七日(わが六月二十六日)平戸を発し、駿府でわが「七月十一日頃」共和国連邦…
コメント:0

続きを読むread more