シーボルト江戸参府紀行 - 往路 -

画像



フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、
1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。


シーボルト江戸参府紀行

1826年(文政9年)




往路 -  - 江戸 -  - 復路




往 路


日数 西暦 和暦 天候 行 程 日  誌
1 2/15 1/9 出島-諫早 威福寺での別れの宴・日本の気候・この地方の植物群・温泉岳および九州の温泉・一向宗の寺院
2 2/16 1/10 諫早-大村-彼杵 大村の真珠・フキ・天然痘の隔離
3 2/17 1/11 彼杵-嬉野-塚崎(武雄) ニノ瀬のクスノキ・嬉野と塚崎の温泉
4 2/18 1/12 塚崎-小田-佐賀-神崎 小田の馬頭観音と梵字・佐賀について
5 2/19 1/13 神崎-山家 筑後川流域の農業・二度の収穫・ハゼノキと蝋燭・山家の天産物収集館・筑前藩主の別荘
6 2/20 1/14 山家-木屋瀬 四季の植物群・キジ・内陸部高地の住民
7 2/21 1/15 木屋瀬-小倉 渡り鳥の捕獲
8 2/22 1/16 小倉-下関 小倉の市場・コンパス測量・海峡の渡航・与次兵衛瀬の記念碑・二人の市長
9 2/23 1/17 下関滞在 門人の来訪・カニの眼
10 2/24 1/18 下関 早鞆岬と阿弥陀寺・安德天皇廟・伊藤杢之允の招待
11 2/25 1/19 下関 日本人の知識欲・萩の富豪熊谷五右衛門義比
12 2/26 1/20 下関 門人、知友来訪・門人の学位論文提出・病人の診療と手術
13 2/27 1/21 下関 近郊の散策・六連島・捕鯨について
14 2/28 1/22 下関 薬品応手録について・コーヒーの輸入
15 3/1 1/23 下関 正午過ぎ乗船 ブロムホフの詩・下関の市街と神社仏閣について
16 3/2 1/24 下関出帆
17 3/3 1/25 船中 夜風強まり屋代島の近くに舟をつなぐ
18 3/4 1/26 屋代島の東南牛首崎に上陸・象の臼歯の化石発見・三原の沖に停泊
19 3/5 1/27 船中 水島灘にはいる・阿伏兎観音・琴平山を望む・内海の景観・日比に停泊
20 3/6 1/28 早朝上陸 日比の塩田と製塩法
21 3/7 1/29 日比-室津上陸 室のホテルについて(建築様式・家具など)
22 3/8 1/30 室滞在 室の付近について・娼家・室明神・室の産物
23 3/9 2/1 晴、夜雪 室-姫路 肥料・穢多・非人・シラサギ・ヒバリ・大名の献上品など
24 3/10 2/2 姫路-加古川 高砂の角力者の招待
25 3/11 2/3 加古川-兵庫 敦盛そば・兵庫の侍医某来訪
26 3/12 2/4 兵庫-西宮 楠正成の墓・生田明神
27 3/13 2/5 吹雪 西宮-大坂
28 3/14 2/6 快晴 大坂滞在 多数の医師来訪・薬品応手録印刷できる
29 3/15 2/7 大坂 二、三の手術を行なう・動脈瘤
30 3/16 2/8 大坂 鹿の畸形・飛脚便について
31 3/17 2/9 大坂-伏見 淀川の灌漑など
32 3/18 2/10 伏見-京都 小森玄良、新宮涼庭らと会う
33 3/19 2/11 京都滞在 小森玄良、小倉中納言来訪
34 3/20 2/12 京都 多数の医師が病人を伴って来る
35 3/21 2/13 京都 来訪者多数・名所見物を帰路に延ばす
36 3/22 2/14 京都 二条城・京都は美術工芸の中心地
37 3/23 2/15 京都 天文台・京都の人口
38 3/24 2/16 京都 明日の出発準備
39 3/25 2/17 京都-草津 日付はないが琵琶湖付近の風景の記述
40 3/26 2/18 草津-土山 梅木の売薬・植物採集の依頼・三宝荒神
41 3/27 2/19 土山-四日市 鈴鹿山のサンショウウオ
42 3/28 2/20 四日市-佐屋(原文 Yazu) 二度の収穫・桑名の鋳物
43 3/29 2/21 佐屋-宮-池鯉鮒 水谷助六、伊藤圭介、大河内存真の宮から同行・駕籠の中の読み書き
44 3/30 2/22 池鯉鮒-吉田 矢矧橋
45 3/31 2/23 曇 雨空 吉田-浜松 雲母の採集・白魚
46 4/1 2/24 浜松-掛川 秋葉山・商館長ヘンミーの墓
47 4/2 2/25 晴 寒 掛川-大井川-藤枝 大井川の渡河・川人足
48 4/3 2/26 強雨 藤枝-府中 軟骨魚類の加工・駿府の木細工と編細工・支那ジャンクの漂着
49 4/4 2/27 府中-沖津 ウズラ、アホウドリを買う・沖津川増水・上席検使に化学実験を見せる
50 4/5 2/28 快晴 沖津-蒲原 製紙・急造の橋
51 4/6 2/29 快晴 蒲原-沼津 富士川の舟・富士山の高度・原の植松氏の庭園
52 4/7 3/1 沼津-箱根-小田原 箱根山脈の高度測定・関所・中津侯の家臣神谷源内が一行を出迎える
53 4/8 3/2 小田原-藤原 旅館満員で娼家に泊まる
54 4/9 3/3 藤沢-川崎 長崎屋源右衛門出迎え
55 4/10 3/4 川崎-江戸 薩摩中津両侯大森で、桂川甫賢ら品川で出迎え・江戸の商店
56 4/11 3/5 江戸滞在 面会ゆるされず、刺を通じたもの桂川甫賢・神谷源内・大槻玄沢ら・夜中津の老侯来訪
江 戸
92 5/17 4/11 江戸 明日江戸出発と決まる
93 5/18 4/12 江戸-川崎 江戸の富士
復 路
143 7/7 6/3 矢上-出島 正午、同郷人に迎えられ出島につく


参考文献
・江戸参府紀行 ジーボルト著 斎藤 信訳 (平凡社)
・シーボルト 板沢 武雄著 (吉川弘文館)


TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シーボルト江戸参府紀行

    Excerpt: フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 Weblog: 江戸参府ビッグウォーク2009 racked: 2015-01-28 18:36
  • シーボルト江戸参府紀行 - 江戸 -

    Excerpt: フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 Weblog: 江戸参府ビッグウォーク2009 racked: 2015-01-28 18:46
  • シーボルト江戸参府紀行 - 復路 -

    Excerpt: フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 Weblog: 江戸参府ビッグウォーク2009 racked: 2015-01-28 18:51