Masaji Travel MTBは今年も快調

月日が経つのは早いもので、江戸参府 Big Walk 2009から9年になる。 イラストをデザインしたディック・ブルーナさんは昨年2月、雲上の人となった。 今年の日本スリーデーマーチは11月2日から4日まで。また大勢の海外友人たちが東松山へやってくる。 Big Walk 2009で行動を共にしたオランダのLoさんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸参府ビッグウォーク余話  藤浦洸『海の中の故郷』

9月1日は平戸市出身の詩人藤浦洸さんの生誕119年にあたる。 私が、藤浦洸さんの詩「海の中の故郷」に出会ったのは、初めて平戸を訪れ、江戸参府ビッグウォークで平戸を出発する前日(2009年3月13日)、平戸港に建つ「海の中の故郷」詩碑を訪れたときだった。(写真参照) 偶然、この日は藤浦洸さんの命日で没後30年にあたる日であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Farewell favorite hat さよなら 愛用のHRC帽子

8年愛用したHRC帽子は、ほころびが進み疲労困憊のため、使い納めとし帽子博物館へ 2009年4月8日、江戸参府ビッグウォークの途中、 ユニバーサル・シティウォーク大阪 Hard Rock Cafeで購入した 2017年7月25日 関連 江戸参府ビッグウォーク2009旅日記 408 大阪散策 htt…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

William Adams 三浦按針の墓を調査

三浦按針(William Adams)は1620年5月16日(元和6年4月24日)に平戸で没した。 平戸市は三浦按針の墓と伝わる同市大久保町の崎方公園にある石碑周辺の発掘調査を始めた。 骨片などの遺物が見つかり、鑑定を進める方針。 三浦按針の墓から骨片、本人のもの? 平戸市が鑑定へ 朝日新聞DIGITAL 201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Dick Bruna died ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家

ミッフィー(うさこちゃん)で知られるオランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが16日、故郷の中部ユトレヒトで老衰で死去した。89歳だった。 ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家 http://www.asahi.com/articles/ASK2K7L33K2KUHBI02F.html 朝日デジタル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

programme Holland-Kyushu 「オランダ&九州」プログラム

2016年および2017年に文化協力プログラム「オランダ&九州」が開催されています。 オランダと日本が17世紀に初めて出会った島、九州。そこには、時には衝突することもあった経済的・政治的利益と同時に、今日まで受け継がれている互いへのクリエイティブな好奇心が生まれました。これを祝し、2016年および2017年に文化協力プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Masaji Travel MTBは今年も多忙御礼

月日が経つのは早いもので、江戸参府ビッグウォーク2009から7年になる。 ディック・ブルーナさんデザインのイラストが懐かしい 今年も大勢の海外友人たちが11月の日本スリーデーマーチが開かれる東松山へやってくる。 国際ウォーカーたちにとって、いつでもどこでも、宿の確保は重要だ。 今年、私が宿泊予約したオランダの友人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016 Kyushu tour 九州ツアー終える

九州の皆様 Lo Liebregtsさん、Jacques Liskaさんは、2016九州ツアーを終え、今朝(5月17日)福岡空港を出発しました。羽田、ロンドンを経由し、本日中にアムステルダム・スキポール空港に到着予定です。 平戸市、豊前市、築上町などでは、歓待を受け、国際親善交流できたことを大変喜んでいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HRC Fukuoka ハードロックカフェ福岡店

ドームの正面に2000年4月、国内第5号店としてホークスタウンにオープンしたハードロックカフェ福岡は、 2016年4月、博多駅直結の九州最大級のオフィスビル「JRJP博多ビル」2Fにリ・オープンした。 九州ツアーで福岡滞在中のLoさん、Jacquesさんは、さっそく新福岡店を訪れた。 2016年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Surprise 馬場さんと再会

九州ツアーで、Loさんたちが佐賀市で滞在中、偶然、佐賀駅前で武雄市の馬場さんと出会ったとのメールが届いた。 2009年と2012年の日蘭親善交流で、馬場さんには大変お世話になった。2019年の計画を伝えたそうだ。 2016年5月8日 佐賀市
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Sunpu Old Map 駿府古絵図

駿府城中堀脇に駿府古絵図碑がある。 駿府古絵図駿府古絵図附記の「御城旧記」より抄録  静岡市は昔、安倍の市と称した集落旧跡であり、永禄年間(一五五八年)頃より町としての形をなしたことが明らかであるが、永禄・天正年間の兵火で多数の民家が焼失し、住民の多くは離散した。  その後、兵火もおさまった慶長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

History of Hirado 1609 平戸の歴史 1609年 日蘭通商開始 概要

1609年、日蘭通商(平戸とオランダの交流)が始まった。 経緯概要です。 Hirado 1609 平戸の歴史 1609年 日蘭通商開始 概要 1609年2月、オランダ東インド会社(VOC)は、日本との通商を開始することとし、デ・ローデ・レーウ・メット・パイレン(De Rode Leeuw met pijl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hofreis naar Yedo カピタン江戸参府

オランダ商館長の江戸参府の解説です。 [ 執筆途中 ] カピタン江戸参府 カピタン江戸参府@Wikipedia カピタン江戸参府(カピタンえどさんぷ、Hofreis naar Yedo)は、オランダ商館責任者である商館長=カピタンの、日蘭貿易「御礼」のための江戸への旅。「御礼参り」「拝礼」とも称される。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Capitao カピタン

江戸時代、東インド会社が日本に置いた商館の最高責任者「商館長」のことをカピタン(甲比丹、甲必丹、加比旦)と呼んでいた。 カピタン カピタン(甲比丹、甲必丹、加比旦)とは江戸時代、東インド会社が日本に置いた商館の最高責任者「商館長」のこと。元はポルトガル語で「仲間の長」という意味があり、日本は初めにポルトガルとの貿易(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hirado Gaido 平戸街道日ノ浦宿本陣跡

江戸参府ビッグウォークでは平戸大橋から平戸街道に入り、起点である日ノ浦宿には立ち寄らなかった。 平戸市在住の森川さんに日ノ浦本陣跡を取材して頂いた。 平戸街道日ノ浦宿は平戸街道本陣跡で駐車場となっている。 伊能九州図と平戸街道(初版2004年2月10日)によれば、当時、既に駐車場跡とあり、11年間代わってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hofreis naar Yedo カピタン江戸参府

カピタン江戸参府 カピタン江戸参府(カピタンえどさんぷ、Hofreis naar Yedo)は、オランダ商館責任者である商館長=カピタンの、日蘭貿易「御礼」のための江戸への旅。「御礼参り」「拝礼」とも称される。 目次 1 概要 2 献上物・進物 3 江戸参府道中 4 江戸滞在時の行事  4.1 カピタンの拝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Anjin-ki 第21回按針忌開催

三浦按針(ウィリアム・アダムス: William Adams))は1620年5月16日(元和6年4月24日)長崎県平戸市で没した。 三浦按針終焉の地で、第21回按針忌が開催されました。 2015年5月31日 【ニュース】第21回按針忌開催 崎方公園において、ウィリアム・アダムス(三浦按針)を偲ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kuroshima 黒島関連写真をWikipediaに掲載

2月17日、突然、オランダのJos Weijenbergさんから私たちが江戸参府ビッグウオークで臼杵市の黒島を訪れたときの写真の一部をWikipediaに掲載したいとのでWikimediaに登録の許可依頼メールがあった。 希望する写真をメールで送ったところ、早速、画像をWikimediaに登録し、Wikipediaに掲載してく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

SieboldHuis シーボルトハウスのウチワエビ

オランダ・ライデン市のシーボルトハウスに、平戸市特産の「ウチワエビ」の剥製が展示されていた。 黒田市長がオランダ・ライデン市のシーボルトハウスを訪問し、館内の展示を観覧された。 平戸関係の宝物や、ウチワエビの剥製が展示されていたそうだ。 オランダのライデン市にあるシーボルトハウスを訪問しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸参府年表と平戸オランダ商館時代の江戸参府行程

江戸参府ビッグウォーク2009の行事企画で、江戸参府関連調査を行ったが、 江戸参府年表と平戸オランダ商館時代の江戸参府行程に関する調査資料を公開します。 調査期間 2007年~2009年 名 称資 料備 考江戸参府年表[ PDF ] 江戸参府行程 1633年サンテン[ PDF ]  1633年クーケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーボルト江戸参府紀行 - 復路 -

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 シーボルト江戸参府紀行 1826年(文政9年) - 往路 -  - 江戸 -  - 復路 - 復 路 日数 西暦 和暦 天候 行 程 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シーボルト江戸参府紀行 - 江戸 -

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 シーボルト江戸参府紀行 1826年(文政9年) - 往路 -  - 江戸 -  - 復路 - 江 戸 日数 西暦 和暦 天候 行 程 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シーボルト江戸参府紀行 - 往路 -

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 シーボルト江戸参府紀行 1826年(文政9年) - 往路 -  - 江戸 -  - 復路 - 往 路 日数 西暦 和暦 天候 行 程 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シーボルト江戸参府紀行

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、 1826年、162回目にあたるオランダ商館長(カピタン)の江戸参府に随行した。 シーボルト江戸参府紀行 1826年(文政9年) - 往路 -  - 江戸 -  - 復路 - 日数 西暦 和暦 天候 行 程 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

meeting again 第37回日本スリーデーマーチで再会

第37回日本スリーデーマーチを開催中の埼玉県東松山で江戸参府ビッグウォーカーたちが再会した。 四人が再会するのは、日蘭交流歴史ウォークが終わり、長崎駅で別れてから二年半ぶり 2014年11月2日 埼玉県東松山市 第37回日本スリーデーマーチで再会 待ち合わせは、日本スリーデーマー…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

IML WA awarding ロー・リーブレッツさんIML表彰

江戸参府ビッグウオーカーのロー・リーブレッツ(Lo Liebregts)さんが、IML walker表彰を受賞しました。 おめでとうございます。 (写真1:右端)(写真2:最後列右から二番目) 2014年10月 IML Walking Association(IML国際ウォーキング協会)K…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Japanese words of Dutch origin オランダ語から日本語への流入

1609年、日蘭通商が開始されて、オランダ語の数多くの単語が流入して日本語になった。 オランダ語から日本語への借用 オランダ語から日本語への借用(オランダごからにほんごへのしゃくよう)とは、オランダ語から日本語に入った借用語や翻訳借用のことである オランダの東インド会社が長崎の平戸で貿易を開始したのが1609年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stoet hofreis ケンペルが遺した江戸参府図

エンゲルベルト・ケンペル(Engelbert Kaempfer)が遺した江戸参府図です。[1729] ケンペルは、『日本誌』の草稿である「今日の日本」(Heutiges Japan)の執筆にも取り組んでいたが、 1716年11月2日、その出版を見ることなく死去した。 エンゲルベルト・ケンペル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Torii pass オランダ人は峠越えが苦手

江戸参府ビッグウォークで鳥居峠越えをした2009年4月27日から四年が経った。 鳥居峠の標高は1,197mで、旧中山道の難所の一つ。 オランダには高い山がないので、オランダ人は登山が苦手な人が多い。 鳥居峠を登るローさん 苦労して鳥居峠に着くと、そこからの眺望は疲れを忘れさせた。 鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Izawa-san died 日蘭友好親善大使伊澤和芳さん逝去

江戸参府 ビッグウォーク2009実行委員会実行委員(関西中部地区 幹事)の伊澤和芳さん(関西LWA会長)が平成24年(2012年)11月15日に逝去されました。(享年72歳) 伊澤さんは、日蘭友好親善大使として、関西中部地区の実行委員会の実行責任者としての統括と、江戸参府で神戸から瀬田まで参加同行されました。 ここに、江戸…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

Big Walk Kyushu 2012 日蘭交流歴史ウォーク2012 -長崎・出島-

日蘭交流歴史ウォーク2012で、1641年にオランダ商館が移設された出島(長崎県長崎市)を訪れました。 写真は出島カピタン小屋前での記念撮影 2012年5月6日 長崎県長崎市・出島 関連 日蘭交流歴史ウォーク2012 http://bigwalk2012.at.webry.info/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Big Walk Kyushu 2012 日蘭交流歴史ウォーク2012 -平戸-

日蘭交流歴史ウォーク2012で、1609年に平戸オランダ商館が開設された長崎県平戸市を訪れました。 写真は平戸オランダ商館復元倉庫での記念撮影 2012年4月30日 長崎県平戸市・平戸オランダ商館 関連 日蘭交流歴史ウォーク2012 http://bigwalk2012.at.web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Big Walk Kyushu 2012 日蘭交流歴史ウォーク2012 -黒島-

日蘭交流歴史ウォーク2012の出発セレモニーが、日蘭交流歴史発祥地の黒島(大分県臼杵市)で行われました。 写真はニンケ・トローステル駐日オランダ王国主席公使(右から三人目)の記念植樹 2012年4月14日 大分県臼杵市佐志生 黒島にて 関連 日蘭交流歴史ウォーク2012 http://b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よみがえる平戸オランダ商館

平戸オランダ商館は、1609年に江戸幕府から貿易を許可された東インド会社が、平戸城主・松浦隆信公の導きによって平戸に設置した、東アジアにおける貿易拠点。 1922年に「平戸和蘭商館跡」として国の史跡に指定された場所に、当時の姿を忠実に再現した1639年築造倉庫の復元工事が終わり、「平戸オランダ商館」として9月20日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A bridge too far アーネムの遠すぎた橋

アーネム散策で訪れた『遠すぎた橋』のジョンフロスト橋 近くの聖エウスビウス教会から市街が一望できる アーネム駅前のオランダで唯一のトロリーバスシステム 2007年7月16日撮影 オランダ・アーネム(Arnhem) 関連 WWW講談:アーネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIG WALK 2012 を企画

Loさんから、来年、日蘭交流のルーツ「黒島」から「平戸オランダ商館跡」を経由して「長崎出島」までを歩きたいとの提案があり、BIG WALK 2012を企画(ルート、日程)した。 江戸参府ビッグウォーク2009のメインウォーカーが日蘭交流の歴史を辿って歩く日蘭交流親善ウォーク。 名 称: 日蘭交流歴史ウォーク BIG WALK 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Karatsu old highway 河島悦子著「唐津街道」

河島悦子さんから著書「唐津街道」が届いた。 河島さんは江戸参府ビッグウォーク2009で大変お世話になった古道研究家。 「唐津街道」は古道研究者にとって必見の書であり、歩く人の必携の書でもある。 本著の「はじめに」などを紹介します。 はじめに  この本は、幕末の地理学者伊能忠敬の足跡を辿ることでできて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more